2014年11月

ちょっと近所に出かけたらまさかの締め出し?

ちょっと近所に出かけたらまさかの締め出し?

(公開: 2014年11月13日 (木))

今日は天気もいいので、夫と散歩がてら近所の商店街まで散歩に出かけました。 小学生の子どもがパソコンでゲームをしていたので、留守番を頼むと「どこにも行かない」とのことで家のことをお願いして久しぶりに二人だけででかけ、商店街の輸入食材店でコーヒーのサービスをして貰ったり、いろんなものを見て家に戻ってきました。 すると、子どもの自転車がない!? 今まで車の脇に止めていたのですが、最近傷をつけることがあったので、玄関側に置き場所を移動したので、もしかしてまた車の?に止めたのかと思って覗いてもない! そんな馬鹿な...。 当然インターフォンを押しても出るわけもなく、仕方なく外で待つことになってしまいました。 その間も隣のアパートの階段からベランダに飛び乗れないかとか色々入るすべを考えても見たのですが、現実的ではなく断念。 不幸中の幸いなのは、午前中だったので遅くても1時には帰ってくることが分かってるので、最悪でもあと1時間半あれば家に入れることでした。 そして、たまに12時半に戻ることもあるので、それに淡い期待も寄せて... しかし、こういう時に限って12時50分になっても戻ってきませんでした。 そしてようやく自転車でのんびり帰宅した息子はもちろんびっくり。 その後家に入ってみるとなにやら声がする!?なんだ?と思ったらなんとテレビがつけっぱなしでした。 雷は落としませんでしたが、今後しばらく外出禁止です。 ほんとにせっかくの休日の半分が台無しでした。とほほ。 【公式】看護師 年収高額求人ナースサーチ

夢がかなった

夢がかなった

(公開: 2014年11月 5日 (水))

今日はモスクワの真ん中にて、「いつかクレムリンが見たい」という中学生の時からの小さな夢が叶いました。しかも日本語でのガイドさん付き、博識な学生グループの仲間と一緒、ということで学びが深まりました。具体的には、あの屋根の星は常にぼんやり光っていて何トンあるんだなどという話が聞けて面白かったです。これまでの学生生活の中で思い切って一人でモスクワに旅行に来ても良かったのですが、今日まで機会を取っておいてよかったな、と思いました。ロシア帝国、ツァーリの時代の豪華な装飾品、ありがたい教会の中の雰囲気、等が特に印象に残っています。3月でまだまだ雪も降っていて、外もきれいでした。そしていつも夢に見ていた、カラフルな聖ワシーリー寺院。モスクワのシンボル。前回トランジットでモスクワに一人で来たときには場所が分からずたどり着けませんでしたが、今回はしっかりこの目に焼き付けてきました。これまでもこれからもずっとここに建っているあなたが好きです。 薬剤師転職非公開トリプルxの非公開情報